協会について


女性が明るく輝く社会を 

 

代表あいさつ

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?
「借金のことを誰にも相談できない・・・」
「一刻も早く借金を返したい」
「お金が貯まらず将来が不安」

お金のことで悩んでいる女性は多くいます。特に女性は一人で抱えがちです。

 

私も数年前までは借金漬けの生活をしていました。買い物依存症で借金500万円。
私はそのことを誰にも相談できず、一人で悩み続けていました。
今では借金を返済し、お金を貯められるようになりましたが、当時の苦しかった経験から、
「私のように一人で悩んでいる女性が他にもいるのではないだろうか」
「かつての私のように、お金のことで悩んでいる女性を助けたい」
との思いでこの協会を設立しました。

貸金業法が改正されてからは数は減っているものの、まだまだ借金を負っている方は多くいらっしゃいます。

特に近年では女性の社会進出に伴い、カードも簡単に作れるようになりました。

気軽にリボ払いも利用できるようになったことから、いつの間にか借金が増えているというケースも多く見られます。
多重債務になる前に早めにご相談することをおすすめします。

 

また、お金だけに限らず「分かっているのに、やめられない」という依存傾向を持つ方も最近は多くいらっしゃいます。

「節約しなくちゃいけないのに、浪費してしまう」

「ダイエットしなくちゃいけないのに、つい食べてしまう」

「別れようと思っていても、なかなか別れられない」

 

人間関係や家庭、仕事なども含め、現代はあらゆる場面で問題にぶるかることも多く、悩みも多岐に渡ります。

 

「やめたいけど、やめられない」

このような悩みを持つ方に対してもお役に立つことができます。


どうぞお気軽にご連絡ください。

西村 優里 ブログ

一般社団法人ウーマンフィナンシャルカウンセリング協会 代表理事

金融教育支援員(ゆうちょ財団)

 

幼少期の虐待経験の反動によって学生時代から洋服やバッグ、エステや宝石などの高額商品をクレジットカードで衝動買いするようになる。社会人になってからも買い物がやめられず浪費を繰り返し、返すために借りるという自転車操業に。20代で借金が500万円になる。

「このままではいけない、人生を立て直したい」との思いから一念発起、借金返済に取り組む。同時に試行錯誤しながら独自の方法で依存症からも回復。

これまでの経験から「一人でも多くの女性の助けになろう」と決意、一般社団法人ウーマンフィナンシャルカウンセリング協会を設立。

 

浪費・借金だけでなく、「やめたいけど、やめられない」心の問題まで幅広く対応できるカウンセラーとして、全国から「誰にも言えない」相談が相次いている。

2017年からは「プライベートメンタルジムThe Change」に参画。「変わりたいけど、変われない」人をサポートするカウンセラーとして活躍。

個別カウンセリングやセミナーのほか、テレビ・ラジオ、雑誌などメディア出演も多数。